配偶者貸付で専業主婦は借入可能

夫婦になって仕事を辞める主婦は多いと思います。そうすると専業主婦となり、無収入となるために、お金を借入しようとすると収入が無いからと言って借入できない訳ではありません。

夫婦になったので、だんなさんと言う配偶者が居るから安定しているので、お金を借りる事が出来る方法があるのです。

それは、配偶者貸付と言うもので、配偶者のだんなさんに安定した収入があれば借入出来るものがあるのです。

その配偶者貸付の申し込みは、配偶者であるだんなさんの同意書が必要となりますし、配偶者であるだんなさんが本当に安定した収入があるかどうかの、配偶者の収入証明書が必要です。そして住民票や戸籍謄本や結婚している証明の記載があるものが必要です。

このように、配偶者の収入がある事によって、専業主婦でも借入が出来る配偶者貸付があるのですが、この貸付を行っている金融業は割合に限られていて非常に少ないようです。

そして借入できても、大金は難しいかもしれません。金融業者によりますが、配偶者と専業主婦との収入を合わせて合計した金額によって査定されて、貸付を行う企業もあるので、出来れば、配偶者の収入以外にも、パートなどに少しでも出て収入を得てから、借入をするほうが、よりたくさんのお金を借りれる事でしょう。

消費者金融業などは、本人に収入がないと、貸付不可能と言う企業が多いので、銀行などで借入すると、スムーズに借入出来る事でしょう。