気合いで働き、不用品は販売しよう!

若い頃は一人暮らしをしながら給料が安いこととアイドルの追っかけをしていたので、本当に毎月カツカツで生活をしていました。

私の提案する方法は20代で若かったことと、体力があったことがあるのでそれも前提にしてください。

まず、日々の節約についてはベタですが毎日お弁当を作ってアルバイトに行っていました。平日のデスクワークだったので、朝少し早めに起きて頑張っていました。

飲み物は会社のウォーターサーバーを活用して、コーヒーや紅茶などは特売のものを買って飲んでいました。

都内在住だったので、自転車で行ける場所はできるだけ電車を使わずに行っていました。

ただ、節約は我慢ばかりすると続かないので、甘いものが好きな私は毎日百円まではお菓子を買っていいことにしていたので頑張れたように思います。

あとは副業もやっていました。

土日祝日はイベントのアルバイトをしていました。

主にフリーターや学生が登録しているような、サッカーやコンサートの場内整理(座席誘導やチケットもぎり)のお仕事がメインでした。

日払い・週払い・月2回払いなど融通も効いて直前でもけっこうお仕事があるので、予定が無いと分かったらすぐに予約して行っていました。

このアルバイトはプチ旅行が好きな私には関東圏の色んな場所に派遣されることもあり、それも楽しくてよかったです。

さらにカツカツの時にはCD・DVDやマンガなどの要らなくなったものを売ってお金にしていました。

これは本当に切羽詰まった時にしていましたが、ものを溜め込みがちな私には断捨離にもなるのでよかったです。カードローン審査 在籍確認 なし