ストレスをためない!お金のやりくり法

夫の給与口座に、引き落としをすべて集約しています。生活費などは月一回まとめておろすようにし、その月の大きな支出は使い道をメモして、収入と支出をノート一冊に書いて、管理しています。残高イコール貯蓄額なので、シンプルで、全体の流れがわかり、使えるお金の範囲も明確に分かります。通帳を一冊に絞るのがやりくりのポイントです。実際のやりくり方法はレシートの金額を週一回でチェックし、計算します。食費と日用品は分けないで、週一万円を目安に生活をします。一週間の間にためたレシートをとっておき、合計が一万円をこえたら、その場で無駄をチェックし、翌週は生活費を引き締めるようにしています。また、保険の見直しなども定期的にするようにしています。専門家に頼んでもらって、将来必要になるお金やそのために、今から貯めるべき金額をライフプラン表にしてもらい、その都度確認できるようにしています。また、安い食材や乾物でできる食事メニューをまとめた「時短ノート」を作成し、時間やお金がないときには、そのノートをみ 見て料理をするようにしています。家にあるものを使って、家族が好きな一汁二菜の料理がすぐできるので、焦って高い値段の惣菜を買うことが少なくなります。総量規制対象外 カードローン 審査

10億円という名前の・・・

例えば誰にも知られずコッソリ10億円を手に入れることができ、

税金もかからないとなったらどうなるでしょう。

まあ間違いなく良くも悪くも人生は変わるでしょうね。

少なくとも個人レベルで見るならば、そういう金額です。

しかし政治、中でも外交という視点で見るならば大した額ではありません。

利害のぶつかる相手国と長い間折衝して動いたのがたった10億円であれば、

費用対効果はゼロも同然です。

その10億円ぽっちが今、2国の国民世論を大いに揺すっています。

韓国が日本大使館前に設置した慰安婦増を撤去するのの代わりに

韓国が設立する「全ての戦争被害者の女性のための基金」に

日本が10億円拠出するという取り決めがなされたのは昨年末のことです。

が、たったの10億円じゃ納得がいかない韓国国民、

慰安婦強制連行のウソに基づき韓国や国際社会から叩かれ続けた日本国民とも

まるで納得がいかず、世論からは異論が噴出しました。

そして今、慰安婦撤去しなくても10億円出すという

日本政府の意向が報じられたことで再び両国で不満が爆発しています。

たった10億で手打ちにされたくない韓国、これ以上1円たりとも出したくない日本。

10億円のミサイルを撃っても、これだけの衝撃を発生させることはそうそうないでしょうね。バンクイック 審査