最近の中国の高圧的な態度について

ここ数年、中国は領土的野心を隠さなくなってきたように見受けられます。そのことは日本の尖閣諸島周辺の不穏な動きを見ても明らかです。さらには南沙諸島の埋め立て行為などを見ると、アジア諸国の目の前に具体的な脅威が迫ってきているようにも感じます。一体どうして中国は、このような暴挙に出るようになってきたのでしょうか。

その最大の答えは、アメリカの態度が弱くなってきたからではないかと思います。実際、アメリカの国力や影響力は、以前よりも確実に弱まってきているのは明らかです。それにアメリカの対アジア政策も、確かに縮小しています。要するに中国は、その隙を突いて強硬姿勢に転じたということです。

恐らく中国は、「アメリカは弱腰になってきたので、周辺国に対して少し強く出ても問題は起きないだろう」と判断したのでしょう。だからこそ一方的に防空識別圏を宣布したり、南沙諸島を埋め立てたりしたのです。

しかし現実は中国の予想に反して、アメリカは大人しく黙って引っ込んではいませんでした。特に南沙諸島問題に対しては明確な抗議を行い、それを行動でも示しています。それゆえ中国も、それ以上は高圧的態度を取ることができずに、南沙諸島の工事も中断してうやむやにしようとし始めているのです。中国のような国に対しては、決して弱腰ではいけないと思います。お金借りる

新国立競技場、なぜ見直さない

連日、ニュースや情報番組などで取り上げられている「新国立競技場」について、首をひねる毎日です。斬新な外観でとても難しい工事らしく莫大な工費がかかることから、たくさんの疑問の声が上がっているにも関わらず、一からプランを見直さず、現行案で進めていくと言うJSC。この計画の一番の責任者も

いったい誰なのかはっきりせぬまま、どんどん日が経過していくのももどかしい。

この素晴らしい施設を維持するのにも、大変なお金がかかるらしい。そりゃそうだ。工事が難しいという時点で、メンテナンスにもきっとお金かかるんだろうなあ…なんて素人が考えてもわかるでしょ?

日本の技術や経済力、よその国に見せたいのかな?日本の品質と技術をもってすれば、あの斬新なデザインの競技場よりも、もっと安全で効率の良い素晴らしい施設ができるのではないかと言う期待もあります。これぞ「日本の仕事だ!」と思われるチャンスでもあるのに、本当にもったいないことだとため息が出ます。将来に「負の遺産」を残さないためにも、今一度「ぶっちゃけお金かかりすぎだね」と偉い人たちで会議を開いてほしいと思います。だって財源もまだ未定らしいです。見栄張ってもしょうがない。

当初のザハ案からお金ケチった分、それなりにかっこ良くなくなっている気もするのですが、それでも

強行しようとするのには、どんなワケがあるのでしょうか?審査不要カードローン

無駄なものをやめたら節約&貯金ができた!

最近、貯金をするのが楽しくて仕方ありません。元々節約家ではあったのですが、最近は拍車がかかっています。子供に将来お金が理由で好きな学校に行かせてあげられないなんて絶対に嫌なので、貯金の理由は主に将来の子供の貯金のためです。

まず、毎月絶対に5万貯金しようとおもっています。今まで無駄になっていたかなと思う、出費を洗いだし全部やめました。

まず、家のネット回線です。家でパソコンもつかうことをやめてすべてスマホですませるようにしました。これで、4000円ぐらいの節約になりました。その分貯金にまわすことができます。

そしてそのスマホも安いところにうつって、月々7000円を3000円に落とすことに成功。これってすごいです。まぁ、ちょっと動画はときどき止まってしまいますが、問題はありません。あまり動画見ないので・・。

そして毎月の食材を宅配してくれるサービスもやめました。とてもおいしいのですが、やっぱり普通のスーパーよりかは割高です。これをやめて、近くの激安スーパーで日々の食材は購入するようになりました。これでも5000円ぐらいの節約になっています。

これを全部貯金にまわしています。結構たまっています。うれしいです。無駄なものをやめて無理のない節約がいいですね。総量規制対象外カードローン