長期政権が続くであろう今の日本の政権

反対運動などがあちこちで起こるほど容易ではなかった与党が安保法案を強行採決したことで、与党の支持率を下げる結果になり不支持率がかなり高くなってしまったのですが、内閣改造によってメンバーを少し入れ替えたことでまた少し支持率が上昇してきています。今回の安保法案は賛否両論があったとはいえ、あらゆる事態を想定して法整備ができたということは大きいことであり、それは評価できることであると思います。

そして安保法案が可決されてから月日が経ち、やがて国民の関心事は薄れていき、内閣の支持率はじわじわと上昇しているのです。今の政権は大きなミスがなく首相が安定していて決定があまりぶれないという面が際立っているのであり、中国韓国との弱腰にならないようにうまく対応しているので、そう簡単には野党も攻撃はできません。景気そのものは過渡期に来ていて、中国経済の減速などが懸念されていて、それが影響して日本の景気の悪化を招くと野党がそこを突いてくるということがあるかもしれません。いずれにしても今の日本の与党は安定しているので長期政権になることは確実であり、小泉政権ほどの派手さはないものの、そのころよりも安定感があるように感じます。即日キャッシング 無審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です