新国立競技場、なぜ見直さない

連日、ニュースや情報番組などで取り上げられている「新国立競技場」について、首をひねる毎日です。斬新な外観でとても難しい工事らしく莫大な工費がかかることから、たくさんの疑問の声が上がっているにも関わらず、一からプランを見直さず、現行案で進めていくと言うJSC。この計画の一番の責任者も

いったい誰なのかはっきりせぬまま、どんどん日が経過していくのももどかしい。

この素晴らしい施設を維持するのにも、大変なお金がかかるらしい。そりゃそうだ。工事が難しいという時点で、メンテナンスにもきっとお金かかるんだろうなあ…なんて素人が考えてもわかるでしょ?

日本の技術や経済力、よその国に見せたいのかな?日本の品質と技術をもってすれば、あの斬新なデザインの競技場よりも、もっと安全で効率の良い素晴らしい施設ができるのではないかと言う期待もあります。これぞ「日本の仕事だ!」と思われるチャンスでもあるのに、本当にもったいないことだとため息が出ます。将来に「負の遺産」を残さないためにも、今一度「ぶっちゃけお金かかりすぎだね」と偉い人たちで会議を開いてほしいと思います。だって財源もまだ未定らしいです。見栄張ってもしょうがない。

当初のザハ案からお金ケチった分、それなりにかっこ良くなくなっている気もするのですが、それでも

強行しようとするのには、どんなワケがあるのでしょうか?審査不要カードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です