最近の中国の高圧的な態度について

ここ数年、中国は領土的野心を隠さなくなってきたように見受けられます。そのことは日本の尖閣諸島周辺の不穏な動きを見ても明らかです。さらには南沙諸島の埋め立て行為などを見ると、アジア諸国の目の前に具体的な脅威が迫ってきているようにも感じます。一体どうして中国は、このような暴挙に出るようになってきたのでしょうか。

その最大の答えは、アメリカの態度が弱くなってきたからではないかと思います。実際、アメリカの国力や影響力は、以前よりも確実に弱まってきているのは明らかです。それにアメリカの対アジア政策も、確かに縮小しています。要するに中国は、その隙を突いて強硬姿勢に転じたということです。

恐らく中国は、「アメリカは弱腰になってきたので、周辺国に対して少し強く出ても問題は起きないだろう」と判断したのでしょう。だからこそ一方的に防空識別圏を宣布したり、南沙諸島を埋め立てたりしたのです。

しかし現実は中国の予想に反して、アメリカは大人しく黙って引っ込んではいませんでした。特に南沙諸島問題に対しては明確な抗議を行い、それを行動でも示しています。それゆえ中国も、それ以上は高圧的態度を取ることができずに、南沙諸島の工事も中断してうやむやにしようとし始めているのです。中国のような国に対しては、決して弱腰ではいけないと思います。お金借りる

新国立競技場、なぜ見直さない

連日、ニュースや情報番組などで取り上げられている「新国立競技場」について、首をひねる毎日です。斬新な外観でとても難しい工事らしく莫大な工費がかかることから、たくさんの疑問の声が上がっているにも関わらず、一からプランを見直さず、現行案で進めていくと言うJSC。この計画の一番の責任者も

いったい誰なのかはっきりせぬまま、どんどん日が経過していくのももどかしい。

この素晴らしい施設を維持するのにも、大変なお金がかかるらしい。そりゃそうだ。工事が難しいという時点で、メンテナンスにもきっとお金かかるんだろうなあ…なんて素人が考えてもわかるでしょ?

日本の技術や経済力、よその国に見せたいのかな?日本の品質と技術をもってすれば、あの斬新なデザインの競技場よりも、もっと安全で効率の良い素晴らしい施設ができるのではないかと言う期待もあります。これぞ「日本の仕事だ!」と思われるチャンスでもあるのに、本当にもったいないことだとため息が出ます。将来に「負の遺産」を残さないためにも、今一度「ぶっちゃけお金かかりすぎだね」と偉い人たちで会議を開いてほしいと思います。だって財源もまだ未定らしいです。見栄張ってもしょうがない。

当初のザハ案からお金ケチった分、それなりにかっこ良くなくなっている気もするのですが、それでも

強行しようとするのには、どんなワケがあるのでしょうか?審査不要カードローン

無駄なものをやめたら節約&貯金ができた!

最近、貯金をするのが楽しくて仕方ありません。元々節約家ではあったのですが、最近は拍車がかかっています。子供に将来お金が理由で好きな学校に行かせてあげられないなんて絶対に嫌なので、貯金の理由は主に将来の子供の貯金のためです。

まず、毎月絶対に5万貯金しようとおもっています。今まで無駄になっていたかなと思う、出費を洗いだし全部やめました。

まず、家のネット回線です。家でパソコンもつかうことをやめてすべてスマホですませるようにしました。これで、4000円ぐらいの節約になりました。その分貯金にまわすことができます。

そしてそのスマホも安いところにうつって、月々7000円を3000円に落とすことに成功。これってすごいです。まぁ、ちょっと動画はときどき止まってしまいますが、問題はありません。あまり動画見ないので・・。

そして毎月の食材を宅配してくれるサービスもやめました。とてもおいしいのですが、やっぱり普通のスーパーよりかは割高です。これをやめて、近くの激安スーパーで日々の食材は購入するようになりました。これでも5000円ぐらいの節約になっています。

これを全部貯金にまわしています。結構たまっています。うれしいです。無駄なものをやめて無理のない節約がいいですね。総量規制対象外カードローン

カードローンやキャッシングの利息は、どうやれば分かるのか。

ものすごく当たり前のこと言ってるみたいで、つまらないかもしれませんが、もしもカードローンやキャッシングをご利用する場合、その借り入れに対する金利というものは、実はものすごく大切なものだったんですね。これをまず考えてから借り入れをしないといけない。

もう、昔から言われている借金地獄というもの。こんなことがどうして起こるかといえば、元を正せばこの金利をあまり考えていなかったということが言えるんです。無闇に借りて、それがどんどん利息で膨らんで、挙げ句の果てには返済不可能、なんてこともあるんですから。

こういうことを思ったことがあります。ならば、その利息ってえのはどうやれば分かるのか、と。本当はすごく簡単なことでした。計算上では、借りたお金に金利をかけて、それを365日で割って30日をかければいいわけです。

ただし、これは大体の目安と考えればいいでしょう。いまどき、どこの金融会社でも、借り入れを始める前には返済シュミレーションなんてものができるようになってますから、それを使うのもいいですね。

借り入れをするときに、予め利息というものを知る利点はひとつじゃありません。それは借り入れをするときにも、また返済するときにも、知っていればより安全な計画的融資を実現させることができるんですね。

こうしてみると、借り入れをするときに必要な知識というものは、本当に多いことが分かります。まあ、お金のことでございますから、そこは慎重に。

カードローンの色々な返済方法について

カードローンは今、大多数の人が借入をしていますが、お金を借りる時に、1つの方法で借りるしかないと言うのでは無く、多種多様な場面で急にお金が必要になる時もあるので、色々な方法で借入出来るので、便利になったと言います。

その借入するときも、色々な方法で借入出来るのと同じように、返済する時も、色々な方法があるようなのです。

カードローンを契約すると、約束の日に約束したお金を返済しないと、遅延金が発生して余分な出費を背負います。

そんな返済が遅れる事がないように、色々な返済方法を使って、いつ何処に居ても、どんな事情でも、返済をする事が可能になって行っているようです。

まずは、一般的には、カードローンではカードを発行して貰って手元にカードを持っている人が殆どですが、そのカードを使って、何処にいても、何時になっても返済が出来るように、24時間営業しているコンビニなどの、ATMからも返済出来るカードローン企業が殆どなのです。

しかし、どのコンビニでもOKと言うのでは無く、カードローン企業の提携しているATMの機械がある所に限ります。

もしもその場に、コンビニは無いけれど、銀行なら有る場合は、カードローン企業の提携の銀行のATMからもカードを使って返済が可能な場合もあるでしょう。

そして、銀行があるのなら、カードローン企業の口座宛に、ATMで振込みをする事も出来るでしょう。

更には、銀行カードローンでは、その銀行の口座を使って、自動で引き落として貰えるシステムもあります。

これなら、返済日に間に合わないとか、時間が合わなくてとか、返済するのに手持ちの現金の持ち合わせのお金が無いとか、返済する事をすっかり忘れていたっと言う時も、キチンと返済できている状態になるので安心です。

銀行以外にも、大手消費者金融でも、銀行からの自動引き落としをしている企業もあります。

より自分にあった良い方法で、返済をすると、都合の良い方法で返済をする事が出来て、約束通りに返済が出来ると思います。

2つの無利息が家計に優しい

新生銀行カードローン レイクが選ばれている3つの理由があります。

選べる2つの無利息が家計にやさしい。

新生銀行カードローン レイクの最大の魅力は、選べる2つの無利息期間があることではないでしょうか。「いくらでも30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」のどちらかを選び、お得にキャッシングを始められます。

そして早い。申込から契約までWEBで完結。

新生銀行カードローン レイクは、銀行カードローンでは珍しく、自動契約機が用意されています。

申込みの審査にかかる時間も早いので、申込みから契約までWEBで完結し、当日中の融資融資も不可能ではありません。

最短即日融資でお急ぎの方に最適です。

急な融資のときに新生銀行カードローン レイクが選ばれています。

最短即日融資が可能なので、平日14時までにお手続きが完了すれば、当日振込みも可能です。安心して利用できる銀行なので、申込前の不安も少ないのではないでしょうか。

レイクの金利は、年率4.5%~18.0%に設定されていますが、無利息期間を使えば、さらにお得に借入が可能になります。

30万円以下の少額の借入のときは「180日間無利息」、それを超える融資のときは「30日間無利息」がお得になります。

新生銀行カードローン レイクの無利息サービスを使って、お得にキャッシングを始めてみてはいかがでしょうか。

配偶者貸付で専業主婦は借入可能

夫婦になって仕事を辞める主婦は多いと思います。そうすると専業主婦となり、無収入となるために、お金を借入しようとすると収入が無いからと言って借入できない訳ではありません。

夫婦になったので、だんなさんと言う配偶者が居るから安定しているので、お金を借りる事が出来る方法があるのです。

それは、配偶者貸付と言うもので、配偶者のだんなさんに安定した収入があれば借入出来るものがあるのです。

その配偶者貸付の申し込みは、配偶者であるだんなさんの同意書が必要となりますし、配偶者であるだんなさんが本当に安定した収入があるかどうかの、配偶者の収入証明書が必要です。そして住民票や戸籍謄本や結婚している証明の記載があるものが必要です。

このように、配偶者の収入がある事によって、専業主婦でも借入が出来る配偶者貸付があるのですが、この貸付を行っている金融業は割合に限られていて非常に少ないようです。

そして借入できても、大金は難しいかもしれません。金融業者によりますが、配偶者と専業主婦との収入を合わせて合計した金額によって査定されて、貸付を行う企業もあるので、出来れば、配偶者の収入以外にも、パートなどに少しでも出て収入を得てから、借入をするほうが、よりたくさんのお金を借りれる事でしょう。

消費者金融業などは、本人に収入がないと、貸付不可能と言う企業が多いので、銀行などで借入すると、スムーズに借入出来る事でしょう。

カードローンをする時の注意点について

誰でも手元にお金があった方が嬉しいものです。それがお金が足りない時には余計にそう思うものです。きっとそれは、お金が無いものだから、安定を欲しがってお金に執着してしまうのでしょう。

それでお金が足りない人は、カードローンで気軽に借りる方面に向かいます。しかしこれがが、余りにも気軽に借り易いものだから、簡単に手に入るんだっと嬉しくなって癖になってしまうのです。

自分自身の収入を得る能力の限界が足りないから借入をするのであるから、カードローンの金融業も、余り多くの金額を融資してくれません。

それで、金融業は貸し出す時に、返済をしっかりこなしてくれる安定した取引を望むので、無理に返済は難しいであろうと予測されるような、大きなお金を貸し出す事はしないのです。

それで、たくさんのお金が手に入らないので、また別の他社のカードローンを借りたりしてしまうのでしょう。

しかし、借入の申込の時に他社で幾ら借りているか、申告しないといけません。それで、なかなか他社も貸してくれない事も多いと思います。

そうすると、どうしてもお金を借りたいと願って欲するようにあっちこっちとカードローンを巡っていると、良くない金融業に当たる事もあるのです。

それはブラック企業という、賃金業の届出をしていないにも関わらず賃金業の営業を営んでいる企業や、賃金業の届出もしているのに、高い利息で貸し出しする企業もあるのです。

ブラック企業は、高利貸しで幾らでも貸してあげるような嬉しい話をして来ますので注意する事が必要です。

それが、ブラック企業だと見分けが付かないときもあるので、2~3件行って借入を断れるようならば、もう借りれないっと諦めることでブラック企業などで借入せずに済むでしょう。

銀行振込でカードローンの借入が出来る

お祝いでも、お返しでも、お礼でも、報酬の受け取りでも、現金を手に渡されるというのは、何だか恥ずかしいものです。

お金は、買い物をして支払う時には良いのですが、人からお金を差し出されると、何か気を使うものです。

そんなお金を、もしも個人からでも、金融業からでも、借りる場合には、現金で受け取るのは、もっと気を使うものです。

そんなやり取りは、振込みにしてくれたのなら、気を使う事無く、サラっと受け取る事が出来ます。

今、カードローンの金融業では、大手消費者金融や銀行などに置いても、借入のお金を振り込んでくれるシステムが採用されているのです。

これは、店舗に現金を受け取りに行く事も無く、もう口座預金に振込みされていますので、不足分のお金は間に合せる事が出来ます。

後は、使用用途によって、口座預金からお金を引き出し、利用すれば良いのですから、いつでも良いのです。

このように、銀行振り込みでカードローンの借入が出来るのは非常に便利だと思います。契約して、カードを作らないで、いつも振り込みで借入をする事も可能ですから、家に郵送物も送られて来ることもありませんし、カードを財布に入れて置く必要もなくなります。

しかも、銀行振り込みをして貰うのに、別途、手数料も掛からないので、お得な借入方法だと思います。